日本語

ジャパン・インダストリー・ニュースについて

Japanese Industry News - Japanese News in English
Japan Industry News Network logo

日本は世界第3位の経済大国です。その強みは製造業にあり、世界の最も重要かつ革新的なメーカーの多くは日本企業です。

日本の製造業界を報道する専門紙、業界紙は150以上にのぼります。日本の大半の産業はそれぞれ1つか2つの日刊紙、そして複数の週刊紙や隔週紙および月刊紙によって報道が行われており、自動車業界、機械業界、あるいは化学業界のように、それぞれ特定の製造業界を報道しています。

世界中の他のどの経済国よりも、こういった専門紙、業界紙によって日本の業界に関する情報がより多く入手可能となります。

しかし、この情報は日本国外においては利用することが難しい状況です。我々の調査によると、日本と事業関係を持つ外資系B2B企業に勤務する外国人の約60%が、日本に関して十分に情報を得られていないと感じています。また、ほんの5%以下の者だけが、とてもよく情報を得られていると感じています。これらの結果からも言えますが、日本の業界は分かりにくいと思われています。

このようなことが起こる原因は?

1つの理由としては、ほぼすべての専門紙や業界紙の出版は、日本語のみで行われているという点が挙げられます。また、出版社が英語版ニュースを発信し、更に収益を上げることは非常に困難なことでもあります。

ジャパン・インダストリー・ニュースはこうした問題の解決に取り組んでいます。日本の専門紙、業界紙とのパートナーシップを構築し、収益性のある英語版のニュース発信ができるよう手助けをしていきます。また、日本の専門紙、業界紙を英語で読む機会を待ち望んでいる外国人の方々の需要に答える手助けもしていきます。

2015年10月、初めてのパートナーであるゴム報知新聞 / Japan Rubber Weeklyとの共同事業ネットワークを開始し、現在は、化学工業日報 / The Chemical Daily日刊自動車新聞 / The Daily Automotive News も参加しています。

これからさらに多くの新聞社とパートナーシップを構築出来るよう、尽力していくつもりです。

我々のビジョンは、日本の全ての産業の専門紙、業界紙がグローバルに活躍できるよう、手助けをすることであります。

上記の60%の方々がこの重要な経済大国について十分に情報を得られていないと感じているのは、あまりに多すぎる数字ではないでしょうか。

我々は、その数を下げる一助となるよう尽力していく所存です。

ジャパン・インダストリー・ニュース
株式会社ボヌテラ

Send this to a friend